*投稿者*
名無しさん
x
02/23 13:19

私は、海外に40年以上住み多くの国際結婚をしている人を多く知っていますが大半は離婚をしています。バラ色の恋愛時代と異なり結婚となると文化風習、価値観などの相違、相手側(家族、親戚も含む)が経済的に依存(日本人は従順で大人しく金持ちのイメージがあり)してくる場合が多いと思います。生活費と子供の養育費全てをこちらに払わされ精神的にも肉体的にもボロボロになるケースが多々あり、子供がいて別れた後は一人で子供経済的、肉体的、精神的に養育をしなければなりません。帰国も出来ず海外にスタックしたまま時が過ぎ老齢になると日本が恋しく、墓のことも気になりだします。
名無しさんx
ご心労察します。未来を考えると不安になりますよね。トピ主さんは離婚をお考えなのでしょうか??まず第一前提として離婚は悪ではないです。とてもいいことです。国によって離婚するにも方法は違いますが、離婚後の財産分野や養育費などの話し合いも設けられます。それに、離婚後あたらしくパートナーを作るのもアリだと思います。海外ではそれがザラな文化も多いので、熟年離婚し、新しいパートナーと晩年共にする人も多いです。 お墓のことがどうしても気になるのであれば、早いうちに帰国してもいいと思いますよ? 常識に囚われず、自由にあまりご自分を縛らずに生きてくださいね。^^
うんこちょん@管理人x
そうですね。国際結婚の半数が離婚しているという事実もあります。日本人同士でも1/3が離婚している時代ですが。国際恋愛の良い部分だけではなく、悪い部分もしっかり向き合って決断した方がいいというのはトピ主さんの言う通りですね。既に返信して頂いてる方もおしゃってますが、もし離婚しても、あらゆる状況の人に寛容という点もすごく住んでいてわかります。どちらにしても、自分が最良と思う決断を、その都度していくしかないんでしょうね。トピ主さんや返信主さんの意見などの情報は決断の材料になるので、少しでも多くの情報が掲示板に集まればいいなと思ってます。